読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしはボクシングマニア

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

スポンサーリンク

加納陸が最年少世界チャンピオンに挑戦決定!VS高山勝成

ボクシング・マッチメイク予想

 加納陸(1位)VS高山勝成(2位)

 WBO世界ミニマム級王座決定戦(2016年8月20日)

 

東洋太平洋ミニマム級暫定王者の加納陸(18)が23日、兵庫・三田市内のジムで会見し、井岡弘樹が持つ国内最年少世界王者記録(18歳9カ月10日)更新を懸けて、世界初挑戦することを発表しました。

8月20日に、兵庫・三田市の駒ケ谷体育館で、元世界同級4団体王者の高山勝成(33)とWBO世界同級王座決定戦を行います。

勝てば18歳9カ月4日での王座奪取となる加納は、「15歳の時にこの高山とスパーリングをしてアドバイスを受けた大先輩です。」因縁の対決ですね。

加納陸が国内最年少世界王者記録に挑戦 高山と対決

(出典:日刊スポーツ)

 

海外デビューの加納の通算戦績は10勝(5KO)1敗1分け、高山は30勝(12KO)8敗1無効試合。

田中恒成が返上したWBO世界ミニマム級のタイトルを争います。

 

加納の新記録!

順当に考えれば加納の新記録は達成されると思います。

序盤は加納がスピードを生かしてポイントを稼ぎ、中盤辺りから高山が挽回を図るでしょね。勝負は終盤です。

加納のパンチでは高山を倒すのは無理でしょうから、前半の貯金をいかに残して12ラウンドを終わるか。高山も全盛期を過ぎていますから、3~4ポイント差で加納が逃げ切るでしょう。

 

クリーンヒットでない攻勢を、どれだけ評価するかで勝敗は大きく変わってきそうな気がします。

もちろんクリーンヒット重視の採点だと、加納が有利なのは言うまでもありません。

 

 

<過去の記事>

boxing.hatenablog.jp

 

 

boxing.hatenablog.jp

 

こんにゃくボクサー?ホセ・ペドロサVSスティーブン・スミス

ボクシング観戦記(海外編)

ホセ・ペドロサ(プエルトリコ)VSスティーブン・スミス(イギリス)

 

IBF世界Sフェザー級タイトルマッチ(2016年4月16日)

f:id:stonemeintothegroove:20160528122107j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160528122115j:plain

(出典:WOWOW)

 チャンピオンのペドロサは2014年11月に王座決定戦でマイケル・ファレナスに判定勝ちしてIBFの王座を獲得しています。

ファレナスは内山高志に挑戦し(2012年7月)、負傷引き分けになった選手です。小柄でスピードがあって、ちょっと内山が苦手な相手で、バッティングでストップになるまでは負けていたような気がします。

ファレナスはユリオキス・ガンボアとも対戦し、ダウンの応酬の末判定負けしています。現在もIBF6位にランクしています。

 

ペドロサはこのファレナスに危なげなく勝ってるわけですから、21戦全勝12KOという戦績は数字だけでななさそうです。

26歳、右構え、これが2度目の防衛戦となります。

 

スティーブン・スミスはスミス4兄弟の次男です。24戦23勝13KO1敗、30歳、右構え。IBF1位です。

 

とにかく柔らかいペドロサ

ペドロサはリーチが長く(179㎝)膝の使い方が柔らかいので、独特のフットワークをしています。

しかも、両腕を高く上げて上体を左右に振りながら接近してくるので、スミスはかなりパンチを当てにくそうでした。

左ジャブも速くて的確。いきなりの右ストレートもタイミングの取り方が上手く、2ラウンドに放った右ストレートはかなりダメージがありました。

f:id:stonemeintothegroove:20160528124319j:plain

(ペドロサはスピードとタイミングで倒すタイプ)

ただ、この膝を柔らかく使うフットワークはスタミナを消費するようで、中盤はあまり足を使わず、ガードも下げて左ジャブだけで、スミスの攻勢を捌いていました。

スミスもボディを中心に反撃するのですが、ペドロサの柔らかいディフェンスに阻まれ、ほとんどクリーンヒットしません。

それでも(私は評価しませんでしたが)ジャッジの中には、2~3ポイント、スミスに攻勢点を与えていたようです。

パワーはスミスの方がありますが、パンチの的確さとディフェンスではペドロサが一枚も二枚も上ですね。

 

右フックでダウンを奪いフィニッシュを狙うが

 

9ラウンドにまた攻勢をかけてきたペドロサが、左にスイッチした姿勢で右フックを放ちダウンを奪いました。スミスは少し体が硬いですね。

10ラウンドもダメージを引きずったスミスに対して、ペドロサの多彩な攻撃でフィニッシュを狙いますが、終盤はスタミナ切れで、攻めが雑になり、KOを逃しました。

 

f:id:stonemeintothegroove:20160528125150j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160528125205j:plain

(サウスポーにスイッチして右フックを強打。攻めが多彩です。)

終盤の2ラウンドは、ペドロサがガードを固め守りに入り、そのまま試合終了。

判定はもちろん3-0(117-110,116-111、116-111)でペドロサが防衛に成功しました。スミスは4ポイントも、一体どのラウンドで奪ったのでしょうね。

 

このチャンピオンはなかなか曲者ですね。パンチ力はさほどないと思いますが、左ジャブは速いし、ディフェンスもうまい。パンチをもらっても柔らかい身のこなしとステップワークでダメージを回避します。

三浦隆司にとってはかなりやりにくい相手ですね。尾川堅一も必殺の右を当てるのに苦労そうです。でも、何とか乱打戦に持ち込みペドロサのスタミナを奪えば、後半にチャンスが巡ってきそうな気がします。

ゲイリー・ラッセル、次はワシル・ロマチェンコに借りを返す? VSパトリック・ハイランド

ボクシング観戦記(海外編)

ゲイリー・ラッセル(アメリカ)VSパトリック・ハイランド(アイルランド)

 

WBC世界フェザー級タイトルマッチ(2016年4月16日)

f:id:stonemeintothegroove:20160526121636j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160526121643j:plain

(出典:WOWOW)

ジョニゴンにTKO勝ちして獲得したWBCタイトルの初防衛戦の相手は、15位のパトリック・ハイランド。

 

boxing.hatenablog.jp

 

ゲイリー・ラッセルは27戦25勝15KO1敗、27歳。身長が165㎝でリーチは163㎝と、黒人ボクサーにしては日本人のような体形をしてますね。ハイランドが一回り大きく見えます。

ハイランドは32戦31勝15KO1敗、32歳のアイリッシュボクサーです。両選手とも右構えです。

アイルランドのボクサーといえば現役では逆転王アンディ・リーが有名です。過去で思い出すのは私の場合、ウエイン・マッカラ―ですね。

21年前(1995年)に薬師寺保栄からWBCバンタム級タイトルを奪った相手です。Sバンタム級でダニエル・サラゴサには負けています。

 

力の差がありすぎました

私はジョニゴンにTKO勝ちしましたが、ラッセルにそれほどパンチ力はないと思っています。

ハイランドも戦績から見る限り、パンチ力はなさそうです。

だからこの試合は判定決着かな?と思っていました。

 

ラッセルは小柄ですが、動きにスピードがあります。踏み込みの速さでリーチを十分カバーしています。

1ラウンドの後半にはラッセルがハイランドのパンチを見切ったように、かなり思い切ったパンチを振るいだしました。

ハイランドはラッセルのスピードについていけず、全く手が出ません。

 

さすがにここまで力の差があると、ラッセルはいつもよりかなり力を込めてパンチを打つことが出来ます。

 

2ラウンド、ハイランドが強引にプレッシャーをかけて前に出ますが、ラッセルが左ボディから右フックを返しました。この右フックが効きました。

f:id:stonemeintothegroove:20160526124818j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160526124828j:plain

(この右フックの返しは強烈でした)

f:id:stonemeintothegroove:20160526124931j:plain

(この右フックで1回目のダウン)

立ってきたハイランドに今度もラッセルの右フックがヒットし、2度目のダウンを奪います。とにかく狙い打ちのように思い切り振ってくるので、当たれば効きます。

f:id:stonemeintothegroove:20160526124948j:plain

(またも右フックで2度目のダウンを奪う)

辛うじて立ってきたハイランドにラッセルの容赦ない追撃。左ストレートをボディに放ち、またも右フックでダウンを奪いました。

倒れたハイランドを見てレフリーがすぐにストップしました。

f:id:stonemeintothegroove:20160526125335j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160526125344j:plain

f:id:stonemeintothegroove:20160526125613j:plain

 

(倒れた瞬間にレフリーがストップ)

 

2ラウンド、1分33秒、TKO勝ち。

ラッセルは初黒星を喫したWBO王者のワシル・ロマチェンコとの再戦を希望してますが、どうやらロマチェンコはSフェザー級に階級を上げるようです。

私は、ラッセル戦より、WBO1位のオスカル・バルデス(メキシコ)の防衛戦を見たいんですけどね~

 

boxing.hatenablog.jp

 

亀海喜寛はアメリカではファイター VSヘスス・ソト・カラス

ボクシング観戦記(海外編)

亀海喜寛VSヘスス・ソト・カラス(メキシコ)

Sウェルター級10回戦(2016年4月15日)

 

f:id:stonemeintothegroove:20160524124416j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160524124423j:plain

(出典:WOWOW)

亀海はアメリカでの試合はおそらくこれで7戦目です。過去2勝2KO3敗1分。残念ながら名のある選手にはまだ一度も勝っていません。

30戦26勝23KO3敗1分、33歳。

ソト・カラスはすでに峠は越しており、世界ランキングからも姿を消していますが、過去の対戦相手には錚々たる名前が並んでいます。

マルコス・マイダナ、キース・サーマン、デボン・アレキサンダーには敗れていますが、2013年7月、アンドレ・ベルトにTKO勝ちしたときは世界をあっと言わせました。消耗戦に持ち込まれたら厄介な相手です。

42戦28勝18KO10敗3分1NC,34歳。

共通の対戦相手にアルフォンソ・ゴメスがいます。(ソト・カラスは2009年11月、亀海は2015年3月、いずれも判定で敗れています)

 

ファイター対決?

 

 

意外なことに、亀海はアメリカではファイターで名が通っています。おそらくロバート・ゲレロやアルフォンソ・ゴメス戦の激戦が評価されたのでしょう。

もちろんソト・カラスは、止まることのない連打のファイターで、今でも人気があります。

日本で対戦すれば勝てる相手でしょう。しかし、アメリカでは軽いパンチでも当たれば評価されますが、なぜかボディブローはポイントに結びつかない傾向があります。

亀海は相手のパンチを殺しながら自分の強いパンチを当てるタイプで、しかもボディブローが上手い。これは、アメリカでの試合では印象が悪いボクシングと言えます。

 

序盤からお互い接近して、まさにファイター対決にふさわしいボクシングを展開します。

ソト・カラスは解説の西岡利晃さんいわく「ロングもショートも得意」で接近すれば腕をうまく折りたたんで回転の速い連打を打ちますし、離れても長い右が予想以上に伸びてきます。

決してパンチにスピードはないのですが、パンチの角度がいいのと、見えないところから飛んでくるので、亀海は結構被弾していました。

 

テレビ解説者の採点は7ラウンドでドロー

私には亀海がやや押しているように見えましたが、現地のテレビ解説者の採点では7ラウンドを終わって67-67のドローでした。

ソト・カラスは亀海のボディブローをかなり嫌がっているように見えましたが、やはりこれはあまり評価されていないのでしょう。

むしろ、とにかく手数が多く、打たれたら必ず打ち返してくるソト・カラスの軽いパンチを評価しているようでした。

7ラウンドあたりから、亀海はソト・カラスのパンチをある程度見切って、被弾しても危険がないと見たようです。ガードを下げて、ボディブローを中心に強いパンチを打ち込みますが、当然、ソト・カラスの軽いパンチもかなり被弾します。

このあたりが採点の分かれ目になったのでしょう。

9ラウンドはソト・カラスにかなり疲労の色が見えましたが、それでも手数はあまり減りません。ロープを背負ってもコンパクトなパンチをうまく打ち返してきます。

 

判定は1-1のドロー。(97-93、94-96、95-95)

 

 

ソト・カラスは体が柔らかく、パンチをうまく殺しますが、世界のトップボクサーにはKO負けしています。ましてや全盛期を過ぎたソト・カラスを倒せないようでは、亀海は、とても世界には通用しないでしょうね。

内山高志の敗戦からそろそろ1か月が経ちますね VSジェスリル・コラレス

ボクシング観戦記(日本人編)

内山高志VSジェスリル・コラレス(パナマ)

WBAスーパー世界Sフェザー級タイトルマッチ(2016年4月27日)

f:id:stonemeintothegroove:20160523153413j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160523153422j:plain

(出典:テレビ東京)

テレビ放送が9時からだったので、「また録画か。せめて7時から始めてほしいな」と思っていました。

そしていきなり、放送されないと思っていた田口良一の試合が始まったので、「ひょっとしたら3試合ともKO決着かな」と思いながら田口の試合を見ていました。

しかし、田口はダウンを奪うものの、ロートルボクサーのファン・ランダエタ(ベネズエラ)をなかなかフィニッシュすることが出来ません。

f:id:stonemeintothegroove:20160524140408j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160524140415j:plain

(出典:ボクシングマガジン)

やっと11ラウンド終了時点でランダエタがギブアップして試合が終ったので、残り時間を考え、河野公平も内山も早い回でKO防衛したのかな?なんてのんきに考えていました。

 

WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ

田口良一 11回終了TKO ファン・ランダエタ(ベネズエラ)

 

内山はもちろん、河野も負けることはないだろうと思っていましたから。

 

ところが河野もインタノン・シッチャモアン(タイ)からダウンを奪いながら、インタノンがゾンビのようにしぶとくて、結局、大差判定決着で3度目の防衛に成功しました。

 

f:id:stonemeintothegroove:20160524140508j:plain

(出典:ボクシングマガジン)

 

WBA世界Sフライ級タイトルマッチ

河野公平 判定 インタノン・シッチャモアン(タイ)

 

「え~もう時間がないやんか!」

残り放送時間は30分もなかったと思います。

それでもなかなか試合は始まらず、内山とコラレスの過去の試合や二人の意気込みなどを紹介するビデオが放送され、ホントにもう時間がほとんどないようなぎりぎりになってやっと試合が始まりました。

 

「これは1ラウンドで内山のKO防衛やな」

負けるなんて微塵も考えませんでしたね。コラレスは減量も失敗していますし、内山をKOするようなパンチ力があるようにも思えませんでしたから。とにかく内山が負ける要素は全くありませんでした。

 

1ラウンドからスピード負けしていました。まあでもこういうことは過去にもはよくありましたので、タイミングと距離をつかめば倒せるだろうとは思いました。

しかし2ラウンドになって、何かとても嫌な予感がしました。

「バッティングか何かのアクシデントで終わったのかもしれないな。」試合を見ていて、どうも内山がこの回にコラレスを倒すイメージがわきませんでした。

 

ところが予想もしないまさかまさかの出来事が起こりました。内山が無造作に放った左ジャブに合わせてサウスポーのコラレスの左フックが内山の顎をクリーンヒットし、あっさり内山がダウンしました。

 f:id:stonemeintothegroove:20160524140555j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160524140617j:plain

(出典:ボクシングマガジン)

もう心臓バクバクでした。

立ち上がった内山は足はふらつくし、意識がもうろうとしていました。

「こら~アカンまだ2分もあるやんか。」

 

3回目のダウンを喫し試合が終わっても、しばらく呆然としていました。

 

内山のモチベーションやスタッフの油断とか、敗因を分析してましたが、私は、年齢からくる反射神経の衰えと、やっぱりスピードの差に負けたのだと思っています。それと前から指摘していました打たれ弱さですね。

ひょっとしたら過去最高と言えるほどパワーアップしていたのかもしれませんが、そこが落とし穴だったのかもしれません。打ち合って負けることはない、と。

 

年内に再起するような話もありますが、私はもう内山が負ける姿を見たくありませんので、引退してほしいと思っています。後は三浦隆司と尾川堅一に頑張ってもらいましょう。

 

ジェスレル・コラレス(パナマ) 2回KO 内山高志